BLOG

ブログ

ダイレクトメールだから出来る、厳選CRM施策3種。

ダイレクトメールだから出来る、厳選CRM施策3種

こんにちは、デザイナーの成田です。

今回は、ダイレクトメール(DM)だからこそ出来る、CRM施策を厳選して3つご紹介したいと思います。

現在、自社・クライアントの販促活動を行なっていて、DMに興味を持っている方、
またはDMを打ってはいるけどなかなか成果が出ない!という方には、再確認の意味でも特に読んでいただきたい内容になっています。

ダイレクトメールは「優秀なメディア」

ダイレクトメールは、自社・クライアントのマーケティング活動の中でも幅広いフェーズに対応できる「優秀なメディア」です。
これからご紹介するDMの特徴を知ることで活用ポイントが見えてくるはずです。
ポイントをおさえ、DMを効果的に活用することでCRM(顧客との関係性)を向上させることができます。

 

ダイレクトメールの優れた特徴

ダイレクトメールには下記のように他のメディアよりも優れた特徴があります。

直接届く=自分事として捉えやすい

事実、自分宛のDM開封率は70%以上にもなります。
一方、Eメールの開封率は20%程度に止まっています。※
皆様も一度は経験があると思いますが、自分宛に直接届く郵便物だと気になりますよね。

手元にモノが残る=五感に訴えることができる

実際にDMを受け取った半数が一定期間DMを保存するという調査結果も出ています。※
受け取ったモノが自分にとって興味のあるもの、魅力的なものだと取っておきたくなりますよね。
また、取っておいてもらうことで再読される可能性も上がります。

ストーリー性がある=説得することで行動を喚起する

DMの特徴から「顧客化」「優良顧客化」「離反防止」など多くのCRMに対応ができます。
紙以外も封入できることや形、形状、素材もある程度自由に決められるのでストーリー性をつくり出すことができ、説得力も増します。※

※「DMメディア実態調査2017

 

ダイレクトメール、3つのオススメ活用法

さて、ここまでDMの特徴をご紹介してきましたが、
次にポイントをおさえてDMを活用していきましょう。
ここでは厳選してオススメの使い方を3つご紹介いたします。

1、顧客化

リードジェネレーションで獲得した情報を元に、見込み客から顧客へと引き上げを行う施策です。
商品やサービス、自社について理解と納得、好感を持って魅力的に感じてもらうには一連のストーリーで語ることが重要です。
DMは全体をパッと見渡すことができるのでストーリーを語るのに適したメディアです。

2、優良顧客化

商品やサービスを複数回購入してもらうには、プッシュ情報による後押しが不可欠となります。
DMの特徴でご紹介した通り、自分宛のDM開封・閲覧率は70%以上のため、顧客を優良顧客へと導く、継続的な施策に向いています。

3、離反防止

購入サイクルから外れてしまった顧客には、しっかりと離反防止のための告知をすることが重要です。
受取手の半数が保存するDMは継続的な注意喚起を行うので、離反防止施策に適しています。
今すぐに行動を起こさせる「行動喚起メディア」でもあるのです。
さらに、Eメールで事前にリマインド情報を届けた後、DMを送るとさらに効果的です。

 

まとめ

以上、ダイレクトメールの特徴と使い方をご紹介してきましたが、
ダイレクトメールが自社・クライアントのマーケティング活動の中でも幅広いフェーズに対応する「優秀なメディア」だということがご理解いただけましたでしょうか。

・「自分事として捉えやすい」
・「五感に訴えることで手元に残りやすい」
・「行動喚起しやすい」
という特徴から、特に「顧客化」「優良顧客化」「離反防止」施策との相性が良いということがポイントです。
EメールやWEBなどのデジタルメディアと組み合わせることで、より効果の高い施策として展開することも可能です。

今後のマーケティング活動でCRM(顧客との関係性)を向上させるため、DMを活用してみてはいかがでしょうか。


 

パラシュート株式会社はダイレクトメール(DM)に特化した会社です。
施策戦略からデザイン、印刷、効果検証まで対応できます。
下記お問い合わせボタンより、お気軽にご相談ください。

 


 

ダイレクトメールの事例紹介

 

蓄積された通販データを資産に|封書DM

スウィーツショップ|新規顧客獲得DM

お仕事のご相談、お見積もり、ご不明な点など、
お気軽にお問い合わせください。

お電話からのお問い合わせ

札幌本社
011-865-8180

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせ