CEO Blog パラシュート社長ブログ

2014年01月06日

本日から今年の営業スタートです!

みなさん

 

あけましておめでとうございます!

本日より、今年の営業スタートです。

 

毎回、長期休暇の際は、あれやこれやとインプット活動を計画するのですが、計画が欲張りすぎなのか100%達成したことはありません(笑

‐ダイレクトマーケティング関連書籍を読みインプットを得る

‐改めてグラフィックデザインの歴史に触れる

‐小説を読み想像する

‐映画を見る

‐人と会い、ゆっくりと話す

などなど。

それでも、今年は70%くらいは達成できたかなと思う次第です。

 

光陰矢の如し

 

ぼんやりとしていると思わず、そんなにも時間が経過してしまったのか!と思うことがありますよね。

3月には39歳になります。

40歳前後ってもっと大人で分別のある像を想像していたのですが、10年前描いた未来に対してどれだけできたのかと思うと、ふがいなく思ってしまうこと多々です(笑

人生の時間を考えた場合、20歳~50歳の30年間が最も健康で力強く邁進できる時間なのかなと思います。

そう考えると既に、いい時間の2/3が終了したことになり、今後のやや10年をどのように過ごそうかと多少の焦燥感にも駆られます。

 

とは言え、少なくとも時間だけはすべての人に等しく与えられている資源です。

そうであれば、限られた資源ですので、何にどれだけ配分していくかが重要です。

会社のこと、自身のこと、家族のこと。

それぞれの時間について、何を重要視して配分していくか。

本を読みながらそんなことを考えた年末年始でした。

 

資源としての時間は上記のように思いますが、だからと言ってただただ時間に追われているだけでは、自身の幸福感もすり減るというもの。

 

月日は百代の過客にして、行き交ふ年月もまた旅人也

 

時にはこういった情緒感を思い出し時間を俯瞰する視点も忘れず、今年もまたがんばっていきたいと思う次第です。

 

1月、3月、4月と新しいスタッフが参加することが既に決まっています。

そして春頃から当社の新期取組も本格稼働していく予定です。

 

みなさん。

今年も引き続き、何卒よろしくお願いいたします!

 

◆年賀状をお送りさせていただいた皆さまへ

昨年の12/26のスタッフブログでも紹介させていただきました縁起物コースターですが、

年賀状でも触れさせていただいておりますが、どんなものか?!と、ぜひとも当社担当営業までご連絡くださいませ。

ちょっといい感じのノベルティにいかがでしょうか?

手に取っていただけますとすぐに分かりますが、とてもかわいい仕上がりですよv

 

私の仕事初めは、明日からのお客様のプライベートセミナー研修の講師です。

みなさまにとって今年が良い年になりますように。。。

写真 2014-01-06 1 13 21.jpg

東京のホテルにて(1/6 1:20am)

ページトップ

2013年12月25日

代表取締役就任のご挨拶

皆さま

 

こんにちは!田中研治です。

当社のニュースリリースでもご案内させていただいておりますが、この度、パラシュート株式会社代表取締役に就任いたしました。

 

1950年。札幌凸版印刷株式会社として、印刷業からスタートした当社はすでに64年目を迎えております。

2007年にはパラシュート株式会社に社名変更するとともに、企業ドメインをダイレクトマーケティングへと転換し、時代の趨勢に適応しながら新しい価値を産み出して参りました。

 

一昔前までは企業の平均寿命は20-30年と言われ、最近では10-15年とも言われている中で、創業から半世紀以上も継続している企業を受け継いでいくことに重責の念は隠せません。

自身に適切な経営管理技術はあるのか?

リーダーとしての資質は適切なのか?

人の幸福とは?

様々に考えはめぐります。

 

しかしそれと同時に、こういった役割を引き受けられることは幸運であるとも感じております。

ハッキリしていることは逡巡も不安も乗り越えて、”お客様は何を求めているのか” また ”我々はどうありたいのか” を組み合わせながら、前に進んでいくことのみです。

 

当社はDirect Marketing Creative Centerです。

”クリエイティビティで支持を得る”

クリエイティビティの示し方は多様ですが、これが当面のテーマであり、ありたい姿のひとつです。

 

今後の活動につきましては、ニュースリリース、ブログでも発信して参ります。

何卒、引き続きご注目くださいますようお願い申し上げます。

ページトップ

2013年07月01日

あまりに道具が増えすぎた世の中!

「マーケティング基礎」の講義の中では、

「ターゲット」や「利用シーン」を推察し、顧客の生活の課題解決を中心に置いた、

いわゆる「顧客視点」からの商品・サービス開発の話を良くします。

 

例えば商品開発をする際に「時短」や「用途別」といった視点は

良くテーマになります。

 

しかしながら・・・

道具が時間を短縮して、手間を省くものだとしても、

実は道具を準備したり、選ぶ時間で手間を生んでいませんか?

 

また用途別で便利な道具だったとしても、

実は保管でかさばったり、場所を取ったりしていませんか?

 

人間の生きる時間は24時間です。

寝る時間が急に減ったりする事も中々ありません。

また今の棲家が急に大きくなって急に収納スペースが広がったり

給与が急に上がったり下がったりする事も日本ではあまりありません。

 

だからこそ、引っ越しや結婚、出産、就職転職等の

ライフスタイルの大きな転機が

マーケティング的にも顧客のライフスタイル変化によって機会を生み出し、

大きなビジネスを生む、と考えられていますし

実際に周辺の市場も大きいのだと思います。

 

今だと、「スマートフォン」を持つ事が大きな転機なのでしょう。

 

起きている時間の合間を縫って、インターネットと繋がる事自体が

この数年起きた大きなスタイルです。

 

でも実はアプリに振り回されていませんか?

通勤の際はこのアプリ使って、食事の際はこのアプリ使って、寝る前にこのアプリ使って等。

嬉しい楽しい悲しいをSNSに書き込んで・・・汗。

 

道具を使いこなすのは自分自身、最終的には自分の意思です。

何が一番自分自身にとって便利なのか、

情報過多、取捨選択の時代に「考える」「決める」力がより必要な気がします。

 

Think out!

最後まで読んで頂いてありがとうございます。

ページトップ

2013年06月13日

年間5000万人が訪れるショッピングセンターとダイレクトマーケティングの共通点!

ヤフーニュースで、「イオンレイクタウンが年間5000万人を集客する“空間”の秘密

という記事を読みました。

 

800億円を投資して建設された日本最大級のSCですが、年間の集客も桁外れです。

(スターバックスも5店舗!!もあるそうです)

 

記事の中で施設の企画に携わった方のお話しがあったのですが、

その設計視点が非常にマーケティング的で、感銘を受けました。

 

中でも感銘したポイントを二つ。

 

一つ目は「間口は狭く、奥行きを深く」という視点

 

歩いていて沢山の店舗を一度に見渡せる事が可能な様に工夫した設計ポイントだそうです。

これをダイレクトマーケティング視点に置き換えると・・・

例えばECサイトのトップページに特集バナーを配置して、

なるべく沢山のキャンペーンを見せて、バナーをクリックすると

縦に長ーく商品の解説(お客様の声、効果効能データ等)を

入れて購入してもらう事と同じと思います。

 

もう一つは「入口より、出口が多く」という視点

 

出口が渋滞して、最後に不快な想いをさせない様に工夫した設計ポイントだそうです。

例えば通販で、色々良い事を書いてあるけど、

最終的にどうやって注文したら良いかわからない、

注文の仕方が小さすぎて良くわからない、注文チャネルが少なすぎる、等

こういった設計のカタログやWEBサイトをダイレクトマーケティング的に

まさしく「出口が無い」という言葉で表現します。

また、家に到着した荷物の「荷姿」も箱が変だったり、梱包が雑だったりすると

最終的にその企業への印象も悪くなります。

お客様の手元に届くまでが非常に大事な事もダイレクトマーケティングと一緒ですね。

 

集客が出来るリアル店舗も、WEBサイトやカタログDMの設計でも、

最終的に「人対人」のお買物に通じているとすれば、

そこにはマーケティング視点で考えると共通点が見出せると思います。

何事も観察と推察が大事かもしれませんね。

 

Think out!

最後まで読んで頂いてありがとうございます。

 

ページトップ

2013年06月06日

「プライベートセミナー」の講師依頼が増えています。

有り難い事に私自身この数年、年間1020回程度セミナー講演を依頼頂きます。

最近では主催者側がセミナーを告知し、沢山の企業から12名ずつ集めて

セミナーを開催するいわゆる「オープンセミナー」と言う形から

一つの企業の本社などにお邪魔して、

複数の部署の方々1020名程度を集めてお話しする、

「プライベートセミナー」の依頼が増えています。

 

そこで、何故「プライベートセミナー」が増えているのか考えてみました。

 

●セミナー講師に対して、具体的な質問が沢山出来る

社内でやる事で、初歩的な事から専門的な事まで質問が容易に出来ますし、

(オープンセミナーだと知らない人の前では質問出来ない方が多いですね)

自分達が現在抱えている課題そのものを、講師にぶつける事が出来る事は

成果として大きいのではないかと感じています。

自社の抱える直近の課題、取り組むべき方向についてのアドバイス、

またテクノロジを活用した課題解決のアプローチとIT投資、

人材教育や組織の形まで私自身がプライベートセミナーでお話しさせて頂いた後の

質問の時間は約1時間弱程度ですが、より具体的な質問を受ける事が多いです。

 

●同じ課題テーマを複数部署、同僚と一度に共有出来る

現在の経営環境は決して簡単なものではありませんし、

テクノロジの進歩により複雑に、またスピードも上がっていますので

単独部署で解決出来ない課題が多いと思います。

そんな中で社内で開催、というメリットを活かして

同じ課題テーマを一度に複数部署のメンバーを参加させたり

意思決定出来る担当役員の参加を促したりする事で、

その後のアクションをスムーズに進める企業も増えています。

一人でどこかでセミナー受講して、内容を整理して社内プレゼンから始めるより

プライベートセミナーで皆で聞いて直接アクションを考える方が

「はじめの一歩」で、やはり違いが大きいと感じます。

 

会社としての教育投資の一つがセミナー受講とすれば、

プライベートセミナーは今のスピード重視のビジネス環境では

理にかなっている方法と思います。

 

ちなみに弊社でも講師を会社に呼んでプライベートセミナー開催しています。

その様子はコチラ

まさしく社内で同じ課題意識を持って臨めるので効果があると自分達も実感しています!

 

Think out!

最後まで読んで頂いてありがとうございます。

ページトップ

2013年05月30日

マーケティングの基本を知らずにデータ分析するのですか!?

 「ビッグデータ」「データサイエンティスト」といったトレンドワードによって

データ分析のニーズが国内も確実に増えています。

 

弊社はマーケティング会社として、クライアントの課題解決の為に
データ分析するお手伝いをしていますが、
最近過熱しているデータ分析の依頼をする前に、
もう一度マーケティングの基本の考え方に沿って
自社のビジネスを整理し直した方が良いのでは?
とも思える場面も出てきました。

 

例えば・・・マーケティングを学ぶ際に最初に教わるフレームとして、
「3C分析」があります。
3Cは、下記3つの要素の略です。
・Customer(顧客)
・Competitor(競合)
・Company(自社)

顧客のインサイトを深耕し、
競合ライバルと自社の、強み弱みや、ポジションを把握する事は
精度の高い意思決定や顧客に響くサービスや商品を開発する為の基本です。

 

しかしながら、このような要素のバランスを気にせず日々過ごしていると、
「自社の勝手な都合」で物事を考えてしまったり、
「競合企業の動向」に張り合って後手にまわったり、
「顧客の意見」に都度振り回されたり、することで
適切な意思決定が出来なくなっている、担当者やチーム、企業が多いとも感じます。

 

・そもそも顧客の声を聞いているのか?
(グループインタビューも、アンケートもせず、現場にも足をあまり運んでいない!?)
・競合の分析はどこまでやっているのか?
 (競合のIRも、WEBサイトも、競合のプロモーションも都度チェックしていない!?)
・自社の資産としてのノウハウや付加価値、武器、差別化要素は
 どこまで把握しているのか?
 (他部署との連携がとれていない、自社の事業全てを把握出来ていない!?)

 

またマーケティングの「4P」ではどうでしょう。
・Products(商品)
・Price(価格)
・Place(流通)
・Promotion(プロモーション)
上記を意識・把握せずにデータ分析出来るでしょうか。

 

マーケティングの「STP」はどうでしょう。
・Segmentation(セグメント)
・Targeting(ターゲット)
・Positioning(ポジショニング)
これもデータ分析始める前に意識すべきですね。

 

データ分析は例えば3C・4P、STPといった、
初歩的なマーケティング関連書籍にもある、必要な要素を
科学的に明らかにし、その戦略や戦術の意思決定の為の基礎データになり得ます。

 

基本のフレームワークのアンテナを張り巡らせて、
小さな変化も見逃さず、変化をデータで把握する事で
データを活用する企業は優れた意思決定が出来る
のだと思います。

データ分析をする前に、
もう一度マーケティングの基本知識を再確認してはいかがでしょうか。


最後まで読んで下さりましてありがとうございました。

『ITmedia マーケター通信』2013年5月28日掲載)

ページトップ

2013年05月23日

『データサイエンティストという仕事』セミナー無事終了しました!

昨日札幌にて『データサイエンティストという仕事』セミナーを開催しました。

就活イベントという事でしたが、興味がある社会人の方も何割か集まって下さいました。

 

 DSC01142.JPG

 

写真の様にカジュアル&フランク!?なパネルディスカッションから始まって

(一番ファシリテーターの弊社グループ田中が緊張していましたが。笑)

「ビッグデータ」「データサイエンティスト」といった

トレンドワードをテーマに持論を展開しました。

 

パネル三人の意見がほぼ一緒なので

(流行に流されずに、実際に実務をやっているので当たり前かもしれませんね)

説得力があった一方、バラバラの意見が無かったの刺激が少ないかも!?

と少し不安になりましたが、質問では起業時の苦労や、分析業務の値付けの難しさ等、

突っ込んだ質問も出たので濃い内容だったと思っています。

 

marketing can change the world(マーケティングは世界を変える事が出来る)」

昨年アメリカで著名なマーケターのプレゼンを聞いてとても感動した覚えがあります。

 

一緒にセミナーを共催したブレインパッドさんのビジョンも

「データ分析で持続可能な社会を実現する」と掲げています。

 

テクノロジの進化によって、意思決定におけるデータの重要性や

スピードが上がる中で、社会にとっての影響度も比例して大きくなっています。

社会との繋がりをどうやって仕事から感じるか、目の前の仕事をどうやって咀嚼するか、

就活している学生さんに、少しでも伝われば良いなとセミナー中に考えていました。

 

最後に参加して頂いた皆様ありがとうございました!

 

Think out!

最後まで読んで頂いてありがとうございます。

ページトップ

2013年05月08日

「成功事例」を聞く人と、「成功要因」を聞く人

よくマーケティングには答えが無い、と言う人がいますが

全くその通りで、どんなに練りに練った戦略も戦術も

実行してみないとどんな結果が出るか結局はわからない、というのが本当かもしれません。

 

その為に「ダイレクトマーケティング」の考えは、

小さなトライを数多く繰り返し、レスポンスデータを取得し、

良い結果に導いていく為に精度を上げて行く事が一番重要、としています。

 

弊社がマーケティングのサポートを提案する場合も、

「我々がノウハウを授けるのでは無く、

御社自社ノウハウを蓄積するために、私たちがお手伝いします」とお伝えする事が多いです。

 

提案の際には、「よく事例はないか」と聞かれます。その際、 

「成功事例を教えて欲しい」と聞かれる人と

「この事例の成功した理由を教えて欲しい」と聞かれる人に分かれます。

 

似た様な「問い」ですが、大きな違いがあると私は思っています。

私たちの様な提案する側が良い(と思う)道具と、良い(と信じる)やり方を提供したとしても、

成功するかどうかは、受け取る側の環境や想いに左右される事がとても多いです。

(道具とやり方を教わっただけで、突然野球が上手くなったり、

足が速くなったりする訳ではないですよね)

 

また、どうやったら成功とみなすのか、

成功の定義は企業それぞれで、そこには細かな目標やそれぞれの意思決定があるはずです。

 

「なぜ成功したのか?」

 

・ターゲットが良かったのか

・プロセスが良く練られたのか

・クリエイティブが良かったのか

・オファーが良かったのか

・タイミングが良かったのか

・スピード感があったためか

・目標設定と、社内浸透が良かったのか

・担当者の社内調整、社外発信が良かったのか 等・・・

成功要因を事例から捉えようとし、自社ノウハウを獲得しようとする意識が強い企業ほど

その「問い」から「学びと成長」を見い出すのだと思います。

 

企画に関わらず、きっと働き方にも大きく影響すると思います。

答えをすぐに欲しがらず、まずは自分で考える事、問いを自分の中に持つ事。

社内のスタッフにも伝えたいですね。

 

Think out!

最後まで読んで頂いてありがとうございます。

ページトップ

2013年04月15日

もうOtoOという言葉自体が無意味になってきているのではないか!?

OtoO(オートゥーオー)というキーワードは2011年頃から特に言われ始めて、

今でもホットなトレンドワードである事は間違いありませんが、
オンラインからオフライン、オフラインからオンラインへ送客、流入させる事を
目的としたマーケティング、それを実現するテクノロジについて感じる所があります。

 

特に小売業界にとっては、
「もうOtoOという言葉自体が無意味になってきているのではないか?」という事です。

 

OtoOサービスを提供する側からすると、私自身含め非常にショッキングに聞こえますが最近感じるその理由として下記の二つがあります。
 

①顧客側がそもそもO(オンライン)もO(オフライン)もはっきり区別したり意識もしていない。

スマートフォンに代表されるこの数年の間の劇的なテクノロジの変化によって
顧客が購買する際に、オンライン、オフラインを意識して買い物をしなくなってきました。
店頭でスマートフォンでレビューや最安価格をチェックし、
その場で買い物をする事が当たり前になってきています。
普段はネットスーパーで買物し、日曜日は家族で大きなショッピングセンターで買い物もします。

 

また、「私はECしか買わない、リアル店舗でしか買わない」
「私はチラシしか見ない、私はWEBで企業の情報を取得をする」といった
企業側が都合の良い様にシンプルにセグメントされた顧客の割合はどんどん減少し、
「リアル店舗でもECでも、どちらでも買う」
「その時々で便利な方、得な方で買う」
「情報を取得するツールに区別はない」
顧客が多くなってきている様に強く感じます。

 

顧客は「企業」「店舗」「ブランド」「販売員」に興味や関係が築かれて
購買しているのであって、企業側の組織に依存している様な、
EC、WEBサイト、店舗といった様な縦割りの考え方、意識はありません。
むしろ企業の組織とは逆行した、「横串」で企業を見ている、と強く感じています。

 

オンラインとオフラインの「境目」を顧客は意識していません。


②小売業がオンライン、オフラインといった境目を意識して施策を考えず、ミックスして考える事が当たり前になってきた。


リアルもECも展開している大手ブランドや小売業は最近特に気づき始めています。

現状はどうしても、WEBマーケティング提供会社、スマフォのアプリ制作会社、
既存の広告代理店、チラシを印刷する印刷会社といった、
自分達の得意なメディアやテクノロジをサービス提供する企業がほとんどです。

発注側にいるクライアントも、それらを適切に組み合わせて、
顧客とのコミュニケーションを設計する際に
オンライン、オフラインといった区別や境目はもたずに、
購買行動を分析し、仮説を経ててアクションに導く
いわゆる「ストーリー」を意識する様になりました。

 

組織の中で、マーケティング部や営業企画部に、
システム系の人材がジョインしている企業

私も複数社見ています。こういった所にも意識が表現されていると思います。


スマフォアプリやNFCを中心としたOtoO提供サービスも、
買物顧客にとっては、ストーリーの一部でしかなく、
オンラインからオフライン、オフラインからオンラインといった一方通行の話ではなく、一回の買物にオンラインとオフラインの間を行ったりきたりしながら、
沢山の要因を複合的に考えて、買物というアクションをする時代
になっています。

 

テクノロジで顧客を呼ぶ、という考えではなく、
より顧客にどれだけ寄り添えるか、接触出来るかを目的とし、
テクノロジをうまく活用して実現する事がより大事
になったと思っています。

 

それくらいこの数年で、マーケティングとテクノロジの距離が近づき、
企業にとっても、生活者にとっても影響が大きくなった、
と言えるのでしょう。

 

最後まで読んで下さりましてありがとうございました。

『ITmedia マーケター通信』2013年4月11日掲載

ページトップ

2013年04月01日

第2回ビジネスアイディアコンテストを開催します!

本日よりWEBサイトオープンにして告知開始しておりますが、

今年も弊社グループ主催のビジネスコンテストを開催いたします!

(エイプリルフールではありませんのであしからず。汗)

 

詳しくはコチラ!

パラシュートグループ主催第2回 ビジネスアイディアコンテスト

 

改めて趣旨をご説明いたしますと

パラシュートグループのフュージョン株式会社は、

当時の時限立法であった知識融合化法の施策に基づき、

異なる分野の中小企業者による協業組合が行う研究開発の成果を

事業化する母体として、平成3年に設立されました。

 

今でこそ異業種企業間の提携は珍しい取り組みではありませんが、

当時としては画期的なことでした。

いわゆる「企業間コラボレーションによる事業化」の先駆けです。

現在、弊社グループは北海道外のお客様の割合が多いのですが、

新しいビジネスのシーズ(種)を一緒に見つけ、育み、実を成す事業を

企業が生まれ育った札幌で見つけたい!という所からスタートしました。

 

1回目の昨年は、初めての試みで苦労した点もありましたが

予想を上回る応募数と質の高いプレゼンテーションに、

参加された方々及び審査員の皆さんに沢山のお褒めの言葉頂けました。

昨年様子はコチラ

 

2回目の今年も、沢山の素晴らしいビジネスアイディアが応募され、

その中で一つでも本当に事業化し社会に価値ある企業が生み出されるよう

私たちが出来る範囲で精一杯応援出来ればと思っております。

 

これからの熱い出会いを期待しています!楽しみです!

そして是非ご応募お待ちしております!

 

Think out!

最後まで読んで頂いてありがとうございます。

ページトップ

ページトップ