WORKS

事例紹介

蓄積された通販データを資産に|封書DM

蓄積された通販データを資産に|封書DM

顧客データを検証し、効率的なCRM施策を。

「大豊漁祭DM」は、継続的なRFM分析をもとに最適なターゲットを洗いだすことで、ROI800%を達成しました。

通信販売ならではの長く蓄積され続けた顧客データを、情報資産として施策展開に活用する。

 

海産物の通信販売を行う網走水産さまの事例をご紹介いたします。

 

コンセプトワーク

店舗別に管理されていた顧客データを統合し、リストの整備を行いながら1年で複数回の定期DMを実施。その中でも効果が良かったものを集約し、2016年冬の歳暮需要喚起を大豊漁祭DMに落とし込み。

 

RFM分析をもとに、購入歴、購入回数、購入金額、直近での購入履歴なし、などに顧客をセグメント分けしターゲットを絞ることで、発送数を減らしても売上げを落とすことのない、効果的なCRMを実施しました。

 

2回に分けて行われたこのDM施策は、1回目でRFM上位顧客とVIPに発送されROI600%後半を達成。2回目では、1回目に発送した顧客にもリマインドDMを送ることでROI800%を達成。VIPセグメントではROI15,000%を実現し、無駄なく利益を高めることに成功しました。

課題解決

大きな課題は、豊富な顧客データを持ちながら、それを施策に活かしきれていない現状を改善すること。

そこで、1年かけて顧客データを整理・統合し、マーケティング施策に活用できる顧客データを作り上げました。完成した顧客データは年5回の定期DMに活用され、特に休眠顧客の掘り起こし施策として繰り返し実施、効果検証と改善を行いながらDM施策の精度を高めていきました。

クリエイティブ

大判のDMを開いたとき、視界いっぱいに広がる紙面から食欲が喚起されるよう、シズル感を意識してビジュアルがまとめられています。

また、商品選びに困ったときに参考となるようにランキングコンテンツを配置。レスポンス施策の基本を徹底することでクリエイティブ精度を高めています。

お仕事のご相談、お見積もり、ご不明な点など、
お気軽にお問い合わせください。

お電話からのお問い合わせ

札幌本社
011-865-8180

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせ