CEO Blog パラシュート社長ブログ

2016年03月02日

アメリア・ネットワーク様DM施策 第30回全日本DM大賞に入選!

みなさんこんにちは! 田中です。

今回は嬉しいお知らせです!

先日2/24に第30回全日本DM大賞の発表が行われました。
そして、当社のお客様の株式会社アメリア・ネットワーク様のDM施策が入選いたしました!
※結果はこちら(ページの下から4番目にクレジットいただいてます)
アメリアさんも喜んでいただきましたし、パラシュートももちろん嬉しいです!

そこで、どんなDMだったかを以下ご紹介いたします。

◆施策の目的
アメリア・ネットワークは翻訳の専門校フェロー・アカデミーを運営しています。
翻訳家を目指す第一歩として、翻訳体験レッスンへの参加を促すDM施策をこれまでにも実施していました。
しかし、最近は翻訳体験レッスン申込者数が下がってきているという課題をお持ちでした。
そこで今回の施策は、情報導線や表現を認知しやすい表現に改善し、より多くの方に翻訳体験レッスンに参加してもらうことを目的としました。

◆施策の注目ポイント
今回の取り組みは"リバースエンジニアリング"と呼ぶ、販促表現に関するメソッド(理論)に基づいた情報設計を行いました。

<ターゲット>
販促を行う上で「誰に伝えるのか?」という「誰に」という点はとても重要です。
①新規に問合せをいただいた方
②過去資料請求や体験レッスン・入門コースなどを受講いただいた実績のある方(既存のお客様)。
大きく分けると2つの区分になると当初は考えました
予算、期間、ターゲット細分化する適切な意図など、ターゲティング判断するポイントは多々ありますが、今回は新規・既存を区分せずに始めようという意図から区分は設けませんでした。

<オファー・タイミング・表現(クリエイティブ)>
・アイキャッチをよくすること(要素:フック)
・"翻訳"と連想性の高いエアメール風表現(要素:クリエイティブ)
・なぜお知らせするのかがきちんと伝わる(要素:目的)
・今すぐ申込みしやすいようにガイドする表現(要素:アクション)
・今回だけの申込み特典(要素:オファー)
・翻訳家として活躍できるようになった時に訪れるあなたの幸せなシーン(要素:ベネフィット)

などなど、メソッドに基づく要素を的確に表現し、お手紙を受け取った方が興味をもっていただけるように情報や表現を整理しております。

【制作物(A4 三つ折りDM)】
      -表面-               -裏面-
ameria01.jpg  ameria02.jpg


◆成果

近年の取り組みでは、一度離れてしまった方はなかなか戻ってこないという状況がありましたが、今回の施策により、もう一度足を運んでもらう機会を作れたという点で成功したDM施策だとご評価いただきました。

翻訳という仕事の魅力を伝えること、翻訳家に興味のある方にきちんと届くメッセージを表現することなど、今後も更に改善をして取り組んでいきましょうとアメリアさんともお話しております。

さいごに。
お取引を通じて知ったのですが、フェロー・アカデミーさんは老舗の翻訳専門校なのです。
同社は翻訳者ネットワーク「アメリア」というサービスも展開しており、学校運営と共に翻訳家の育成や翻訳の仕事のマッチングなどを事業とされています。
私たちが普段何気なく触れている字幕や書籍の翻訳も、フェロー・アカデミーで学んだ翻訳家の方々の仕事だったりするのだと思います。
ご存じなかった方はぜひ、ご注目いただければと存じます。

そして。
当社も引き続き、お客様の販促活動をお手伝いして参りますので、新しい販促アイデアがないものか?と感じている企業様はぜひ一度、当社までお問合せくださいませ。

電話:札幌オフィス 011-865-8180   東京オフィス 03-5212-2466


ページトップ