スタッフブログ

2016年11月08日

名刺

北海道は例年よりも早い積雪で、寒さに震えている今日このごろ。
皆さまにおかれましてはいかがお過ごしでしょうか?


さて、本日はDM開封についてのお話。(ではありません。)

DM開封率アップを考える時、

・個にアプローチ。
・五感に訴える。(手触り・見た目など)
・オファーは何にするか。
・ベネフィットは?

などなど様々な訴求があげられると思います。

とある日。

DMセミナーの講師として、全国を股にかけて活躍されている、私の若かりし頃からの師匠より、郵便物が届きました。

少し前に、私の急なお呼び立てにも関わらず、素敵な笑顔で登場してくださった師匠。
お会いした時からすでに酔っ払いな私に、優しくお付き合いしてくださり、新幹線に飛び乗るまで見送ってくれた師匠。

そういえば、お会いした後は、いつも素敵なお葉書などを必ず手書きでくださる、さすがのDMマスター!
でも、今回はお葉書でもお手紙でもない。

IMG_0733.jpg


品名などは書かれていない、スマートレターではあるけど、ボコボコしてて、スマートじゃない。

この、すぐにでも開けたくなってしまうボコボコ感は、十分に五感に訴えている。

いそいそと開けながら、ふと

「もしかして酔っ払って粗相をして、忘れ物???(汗)」

IMG_0734.jpg


でも、出てきたのは見覚えのない、シルバーの箱。
しかもこの段階でも、師匠からのメッセージは見当たらず。

一抹の不安と、なんだか素敵なシルバーのキラキラに高揚感を抑えられず。

IMG_0735.jpg



キラキラピンクのスーツケース!
スーツケース?

「あっ、師匠を見習って、もっと全国行脚して仕事をしなさいとの暗黙のメッセージだ!」


IMG_0739.jpg


突然ですが皆さま、名刺を切らしてしまった経験をお持ちではないでしょうか?


私は、当然のようにあります。
出張中に、予想外に名刺を使ってしまい、在庫切れ。
まさかの名刺入れそのものを忘れてしまった失態も・・・。

でも、その後のフォローは・・・。
初めての方には、後日お渡ししたり、メールにてご連絡先を伝えて終わりにしてしまったり。
過去にお会いしている方には、そのままになってしまっていたり・・・。

なのに、師匠は!

IMG_0740.jpg


出張先で名刺をたっぷりと配られて、帰ってきたばかりのお疲れの所、急にお呼び立てし、

久しぶりに会ったから新しい名刺がほしいとごねただけの私に、
名刺を切らしていたお詫びにと、素敵なケースを調達し、
わざわざ小さなスーツケースのポケットに入るサイズに作成されたメッセージを添えて、
名刺をお送りくださいました。


たかが名刺。
されど名刺。


それぞれの想いを込めて作られて、配られている名刺。
師匠の名刺は、ふたつ折りで、中面にぎっしり「師匠の個人情報」が詰まって読み応えがありました。


改めて、名刺の重みを実感した出来事でした。


久しぶりに、名刺リニューアルしたいな~!

 

ページトップ

ページトップ