スタッフブログ

2012年01月23日

キミは。フォーム注文に耐えられるか?

 

 

みなさんこんにちは!ジョームの田中です。

 

大寒の頃。一年で最も寒い季節ですね。先週の札幌は比較的気温は高めだったのですが、また明日からしばらく冷え込むようです。。。

 

◆私がこどもだったころ

小学生の頃。地元の小さな港で毎日釣りをするのが日課でした。

11月も末。釣りはシーズンオフ。それでも、自転車に乗りながら堤防をゆるりと走り流し、自転車目線から見える海を覗き込み、魚いるかな?いないかな?などとぶつぶつ思いながら走っていると、船を繋ぎ止めるクサリに引っかかってしまい自転車もろとも海に転落したことがありました。

 

幸い大したケガもなく。海底に沈んだ自転車は近くにいた漁師のおっちゃんが引き上げてくれました。

晩秋。寒さも厳しくなり始めた頃。隣接する海水浴場のシャワーで海水まみれになった自転車と自分の潮を洗い流し、寒空の下をトボトボと家路へ向かいました。とても切なかったです。。。

みなさんも堤防を自転車で走る時は十分注意してくださいませ。

 

 

◆エピソード

そんなことはさておき。

昨日は朝から風邪ぎみで。

体調回復に努めるべく自宅でひきこもることを決意いたしました。

 

やがておなかは空いてきます。

「よし。今日は出前で過ごすぞ!」

そう思いWebで検索し、よさそうなスープカレーを注文することにしました。

 

電話・注文フォーム。いずれの方法でも注文受付できるようになっていました。

いつもなら注文フォームからの一方的な注文に不安を感じ、結局は電話で注文するのが通例ですが、「ホントウにちゃんと注文できるのか?」とドキドキしながら注文フォームからの注文に掛けてみることに決心いたしました。

 

所定の欄に住所や連絡先などを入れ、送信ボタンをポチ。

登録メルアドに注文受付のメール到着。注文は受け付けられたようだ。

受注時間は19:19。待ち時間は70分。

って70分かよっ!とココロの中でツッコミながらも、さして急いでいるわけでもないのでじっくり待つことに。

 

20:36。予定時間より7分経過。つのる不安。過ぎゆく時間。

ホントウに注文できているのか?注文データが届いていても、お店の人が見過ごしちゃってたーとかいう結末は切ないぞ!電話するべき?いやまだ信じてみる価値あるんじゃないか?しかし、30分経って電話して”見過ごしてました”なんて言われるとひどいことになるぞ!

湧きあがる不安。噴出する不信。

果たしてホントウにスープカレーは来るのか?!

 

20:40。iPhoneのソナー音が漆黒の海底で私を補足するかのごとく鳴り響く。未登録の番号だ。恐らくスープカレー屋からだろう。

”ただ今向かっておりますので!・・・”

遅いよっ!とまたしてもココロの中でツッコミながらも先方のレスポンスにひとまずの安堵。下げる溜飲。

 

20:45。到着。。。無事完食。

 

 

◆考える

ひとまず。思惑通りスープカレーを自宅で食べることはできましたし、ちゃんと届くことは経験したので今後は比較的安心できるとは思うのですが、システムから送られる受注メールを受け取った後から実際に商品が到着するまでの間はとても不安でしたね。

 

特に出前のような即時性が必要なものは予定時間を過ぎるとずいぶんと不安に感じました。

予定時刻になった時、ひとこと、電話で教えてくれるなどの仕組みでサービスできると安心できるのになぁ、もしくは、システム対応でも”ただ今、少し遅れております!”とかいったメールを送ってくれるなどの仕組みがあるとうれしいと思った次第(しかし、メールの場合は遅延の可能性もありますので100%安心できるわけではないですが)

 

こういったことに限った話ではないですが、ひとこと確認する、ひとこと声をかけるといった相互の関係性はとても重要だと思った次第です。

人による会話であれば、声の大きさ、声色、抑揚、話し手のテンション、周囲の音といった様々な情報を瞬時に受け取り、解釈することで、「かなり混んでそうだ」といった言外のニュアンスを予想することもできますが、文字情報だけだとその隙間を埋めるには会話ほどのスピード感は出せず、文字に縛られることにもなりますね。

 

尤も。商材によって不安度は違いますね。アマゾン利用なんかのケースだと注文受付メールをもらうとひとまず注文が受け付けられたことが確認できますね。加えて、配送状況の確認ができることで、自分の注文が今どういう状況なのかを確認することができ、安心を得られますね。

 

関係性を考える仕事をしている我々ですが、分析・企画・表現すべてを含め、どれだけ肉感のある関係性を演出していけるか。そういうことに取り組むのが我々の役割なのだと、思いを拡大させた昨日の出来事でした。

ページトップ

2012年01月20日

抱負・憧憬・志

営業第2グループ石塚です。

 

この度、WEBサイトのリニューアルによりスタッフブログが新設され、
どこからともなく飛んできた白羽の矢が頭に突き刺さったようで、担当に選出していただきました。

 

語彙量が乏しいので、色々な人の目に触れてしまうのは大変お恥ずかしいのですが…
やらせていただくからには月イチ更新を目標にして、身の丈にあったモノを書いていきたいと思います。

 

 

さて、折角の新年最初のエントリーなので、ありがちですが今年の抱負など。

 

『初心忘るべからず』

 

聞いたことのない人はいないだろうし、何をわざわざ今更…というくらい有名な言葉なのですが、
先日、本を読んでいて「なるほど」と思ってしまったので、ちょっとばかり知識人のフリをしてトリヴィアを披露してみようと思います。

 

 

この言葉は、能楽師の世阿彌が「花鏡(かきょう)」という書物に残されています。
後世に能の修得方法を伝えるために書いた秘伝の本なのだそうです。

 

是非初心不可忘 (是非とも初心忘るべからず)
時々初心不可忘 (時々の初心忘るべからず)
老後初心不可忘 (老後の初心忘るべからず)

 

この3文の後に各初心への説明書きが続くのですが、原文が結構長い上にほぼ漢文なので、
要約&今の言葉にしてみます。

 

「是非初心不可忘」とは
若い未熟な時代にした失敗や、苦労して身につけた事を「初心」という。
この初心を忘れてしまうと、上達していく過程を身に付けることが出来ず、
この先上達していくことが難しくなる。だから生涯、初心を忘れてはならない。

 

 「時々初心不可忘」とは
歳をとるのとともに積み重ねていくものを「時々の初心」という。
その時々にあった演じ方をすることが大切で、その場限りで忘れてしまっては何も残らない。
過去の演じ方を身につけておけば、年月を経て演技に味がでるものなのである。

 

「老後初心不可忘」とは
老いたとしても、その年齢の自分に見合った芸風を身につけていくことを「老後の初心」という。
命に限りがあっても、芸事に果てはない。
歳をとったからといって、「もうこれでいい」ということはなく、
その都度、初めて習うことをも乗り越えていかなければならない。

 

 

『初心忘るべからず』と聞いたとき、『何かを始めた時の新鮮な気持ちや意欲を忘れてはいけない』
ということなんだろうなぁと思ってしまいがちなのですが、世阿彌が伝え残したかったのは
『困難に対峙したときの過程を忘れずに次のステップに活かそう。慢心しちゃいかんよ。』
ということだったようです。

 

能の教え、奥が深いです…
能や芸事以外のことにも応用して考えることができるのが凄いです。
しかも、今の世にも退色せず活かすことができる。
こんな風に考えられる世阿彌という人に憧れてしまいます。

 

まだまだ他にも深い!と思える言葉がたくさんあるのですが、
それはまたいつかのブログのネタに取っておきたいと思います。(ニヤリ)

 

 

というわけで、今年は年末の自分に「成長したな!」と言ってみたいと思いますので、
ご指導ご鞭撻の程、どうぞよろしくお願い申し上げます。

ページトップ

2012年01月16日

なぜとクリエイティブ

みなさんこんにちは!ジョームの田中です。

小寒の頃。最近極端に寒い札幌です。

 

昨日は1/15。小正月。私は京都府の片田舎出身なのですが、毎年1/15日の小正月には小豆粥を食べるという風習がありました。

わりとコンサバなおうち且つ、そういうのが好きな母でしたので、1/15の朝は小豆の入った塩味の粥を食べるということが毎年の行事となっておりました。子供ゆえに朝からお粥はちょっと。。。と幼ココロに違和感を感じておりましたが、大人になるとなつかしくも思われ。。。

因みに、実家は山陰地方につき、お正月の雑煮は「ぜんざい雑煮」と呼ばれ、あの甘いぜんざいでモチを食らふ、というものでした。元旦の朝からぜんざいとおせちという組み合わせは今でも違和感を感じますが、これもまた大人になるとなつかしくも思われ。。。

 

さて、昨日の夜はリアルスティールを鑑賞し、あまりのオーバーラップさ具合に涙しましたが、昨日の午前からお昼過ぎにかけてのこと。

お客様が、お客様のお客様にデザインプレゼンテーションを行うべく、予備リサーチとしてのグループインタビューを実施してまいりました。

私としても久しぶりのグループインタビュー。がんばってインタビュアを行ってまいりました。

 

今回は、リサーチ結果を元にしたカタログ・パンフレットのデザイン提案とのこと。市場のトレンドもそうですが、ターゲットのインサイトを踏まえて提案を行いたいお考えを伺い、定量・定性どちらの手法を選ぶかを議論した末、定量調査は過去に行ったこともあり、今回は定性的な情報を踏まえて提案に反映していきたいという意図でグループインタビューを行うことになりました。

 

札幌は東京に比べると、グループインタビューを行う機会は少ないですし、我々としても多くの機会があるとは言えない調査企画です。

また、今回の調査趣旨は調査結果を踏まえてデザイン提案を行うという趣旨もあり、ぜひとも、社内のデザイナーにもそういった現場を体験してもらいたい!直接提案に関わるわけではないけれどグループインタビューの場を共有しながら、提案者としてどういうデザイン表現を行うべきかを考える場になれば!

と、ずうずうしくもお客様に我々スタッフの見学者を2-3名同席させてくださいとお願いした所、快く承諾いただき、見学者も交えてグループインタビューを行ってまいりました。(A社様ありがとうございました!)

 

見学参加したデザイナからは既に、考えたり感じたことをフィードバックもらうなどし、各人がそれぞれにリサーチとデザイン提案について考えてくれた様子です。こういうフィードバックをもらうと企画した者としてもうれしいですね。

 

パラシュートのビジョンには「マーケティング、社会学、心理学といった社会科学的知見に基づいた表現を追求する」という内容を盛り込んでいます。

表現においては「うまくは説明できないけれどなんかいい!」という価値観があることも重々承知していますが、片方では、なぜそのような表現を採用するのかを説明できることはとても重要だと考えます。なぜがあるから、仮説が生まれ、検証できる計測ポイントを設定できるものです。

日々そういった視点でクリエイティブを追究して参りますゆえ、引き続きご注目いただけましたらと存じます。

ページトップ

2012年01月11日

お化け屋敷ゲーム考

みなさんこんにちは!ジョームの田中です。

昨日・一昨日は激しく降雪した札幌でしたが、今日は激しく晴れております。

 

私が子供だった頃。

お化け屋敷ゲームというバンダイのボードゲームがありました。親戚のお姉ちゃんが持っておりまして、盆・正月の帰省の折は、お化け屋敷ゲームと共に帰省してくるお姉ちゃんが楽しみでなりませんでした。

お化け屋敷ゲーム。

どんなゲームかというとこんなゲームでございまして、当時、タカラとエポックで二分していたボードゲーム市場に、バンダイが殴り込みをかけたドラキュラゲームにつづく第2弾のゲームだったとのこと。

当時テレビCMも行っており、6歳くらいだった私の記憶には「勇気と力で!勝負!」という映像と音声が焼きついております。

勇気・力・知恵、この3枚のカードから適切な攻撃スタイルをチョイスして戦いながらゲームを進めていくというもの。力しか通用しない敵に対して知恵で臨もうとすると必然、負ける(通じない)。そういうルールだったように記憶しています。

 

 

30年あまり経過して。

半年ほど前から、よくこのゲームのことを思い出します。社内外を問わず変化する環境と対峙する時、部下・上司・お客さんなど人と対峙する瞬間。

知恵が足りないなぁとか力が足りないなぁとか勇気が足りないなぁとか感じます。

そして最近は、勇気の存在と重要性を強く認識するようになってきました。

 

力・・・政治力、声の大きさ、強引さ、リーダーシップ、健康度・体力、衝動

知恵・・・知識、スキル、洞察、思考、判断、予測・推定

勇気・・・行動、選択行為、自己肯定、意思

 

自社におけることだけでなく、自分自身の時間経過においても。常に変化していくことがあります。

肉体は当然ながら時間経過とともに衰えという変化をしていきますが、それに反して、自身の考え方は時間経過とともに、変化しにくくなっていくものではないでしょうか。時に強く固定される考えの状態を「信念」と認識し始めると、なおさらに変化は少なくなるように思われますし。

かといって、いつまでも定まらない考え方の有り様だと、考えがふらついていると言われますし、その塩梅は難しいものです(笑

 

しかし、変化しなければならない、もしくは、した方がよい状況下でなかなか変化できないのはなんでか?分かっているのにできないのはなんでか?理解も認識もできているのに実現できないのはなんでか?

 

習慣の打ちこわしを阻害するポイントは私は「恥ずかしさ」にあるのではないかと思う次第です。

分かっているけど実行できないもの。その人に言われたからそれをするとしたら、なんとなく恥ずかしい。もしくは、しゃくだ、侵食されたような気分になる。分かってるんだけどさ(笑

こういう風に思うことは意外と多いのではないでしょうか。

適切であることがわかっていてもそれをしない時、頭の中では概ね、合理化・分離・攻撃といった防衛機制的態度をとることが多いのではないでしょうか。わかっているのに。。。いや、わかってるけどわかりたくない時はどう受け止めていいかわかりませんものね。

実際、私自身にもそういうシーンはよくあります。

 

しかし、自身の洞察に基づいて是であるとわかっているのに、その行為を選択できないとすれば、最終的には力でも知恵でもなく、勇気の問題が残るのではないでしょうか。勇気の問題は自身との対峙以外になく、誰かがそれを手助けしてやれることでもない。答えはやはりココロの中にあるらしい。

 

上記の考えは一般的な風景や人間関係から発想した考えですが、例えば、ダイレクトマーケティングにおけるクリエイティブについても、人の勇気に働きかけるコピーや表現、知恵や力に働きかえる表現といったものも考えられそうですね。だって、ダイレクトマーケティングにおけるメッセージや表現って相手に何等かの行動を促す意図やお願いがそもそもあるのですから。。。

ページトップ

2012年01月05日

年賀状と伝えるということとボクらの役割を繋げてみる

みなさま、あけましておめでとうございます!
田中でございます。
本年も何卒よろしくお願いいたします。

 

新年のご挨拶と言えば年賀状ですね。
今年の元旦の配達枚数は前年比92%程度とのこと。
毎年年賀状を出す人が減ってもいますが、今年については、震災の影響もありますし、年賀状を出すのが遅れ気味になり、1/2の配達も多くそれらの影響に寄る所もあるとのこと。(こちら

 

昨今、メールやグリーティングカード、Twitter、facebookといったツールの登場の影響もあり、年賀状離れが進んでいる状況ですが、私はまだ、年賀状を出しております。年末の慌ただしい中で年賀状を作るのは確かに億劫にも思います。

 

ですが。
私は年賀状を書く時は必ず、一言でもメッセージを書くようにしております。
裏面は図柄印刷し、宛名もプリンタで出力しますので随分と年賀状を書く作業は楽になりましたが、そうなるとせっかく年賀状を書いているのに、一連のプロセスがとても作業的に感じます。
無機質に製造している感覚です。

 

何のために年賀状を出しているのか?
出すことそのものが礼儀の一端なのだろうか?

 

年賀状に様式美があるのであれば、ある意味形骸となっても美感というバリューがありますが、それほどでもないような。。。
年賀状のバリューはどこにあるのか?

 

画竜点睛。
裏面の図柄印刷や宛名のプリンタ出力で年賀状書きの労力を省力化すると同時に、年末の忙しさをなんとかやりくりしながらも、最後の大事な所は自らの魂を込める。
もちろん、それが嬉しいと思う受け取り手もいれば、暑苦しくていらないと思う受け取り手もいると思います。
また、だいたい年賀状ごときにそこまで考える意味もわからんと思う方もいらっしゃいますので、だからどうしたのだ?という話でもあるのですが。。。(笑

 

ただしかし、手紙でもメールでも、発信されるメッセージは『人』が意思や考え、キモチ・感情を表しているものであることは確かです。
個人で何千・何万通も出すとなるとさすがに手書きには限界はありますので難しいですが、例えデータ分析によって得たセグメント別に、バリアブル印刷で内容や図柄を変えて制作されたDMや、セグメント別に発信されるメールマガジンにしても、送り主の考えや思いを、伝えたい人にほどよく伝えたいのだ!という点は、個人が手紙やメールに思いや考えを込めるプロセスと同じだと思われ。

 

ダイレクトマーケティングに携わっている我々としまして、いつも立ち返るべき思考モデルがあるように感じたお正月でした。


 



 

ページトップ

2011年12月22日

パラシュート株式会社Webサイト。本日リニューアルいたしました!

みなさんこんにちは!常務取締役の田中です。

パラシュート株式会社Webサイト。本日リニューアルいたしました!
1950年。札幌凸版印刷株式会社(前社名)設立より2011年で61年目を迎えております。

 

61年の歴史の中で、1991年にはマーケティングをメインフィールドとするフュージョン株式会社を設立し、2010年には採用・教育・文化構築といった人材戦略を担うべくコネクト株式会社を設立。
現在は、グループ3社体制で日々活動しております。

 

時代と共に、産業構造、社会構造も変化します。
企業として活動し続ける限り、変化を楽しみ、変化するお客様のリクエストにお応えし続ける、もしくは、新しい価値をお知らせし続けることが必要です。

 

印刷会社として創業した弊社もまた例外ではありません。
2年前からグループとしてのドメイン再定義を進めて参りましたが、今回の弊社サイトリニューアルもその一環でございます。
ダイレクトマーケティングカンパニーとしての社会的役割を担うことがグループの大きな社会的使命であるととらえ、フュージョン株式会社はそのエージェンシー(代理人)としての役割を、パラシュート株式会社はクリエイティブセンターとしての役割を担うものとし、このような形でみなさまに広くお伝えするものです。

 

 

◆かねてよりお引き合いいただいているお客様へ
引き続き我々の活動にご注目いただき、ご愛顧のほど何卒よろしくお願いいたします!
当サイトでご紹介しているサービスをぜひともご覧くださいませ。
これまでにお伝えしきれておりませんでした弊社の側面も知っていただけるのではないかと考えます。既に歩んできた道も踏まえながら、今後我々の進むべく道をこのように定め、より一層お役に立てますよう気持も新たに取り組んで参ります。
何卒よろしくお願いいたします!

 

 

◆新しく弊社を知っていただいた皆様へ
パラシュート株式会社はダイレクトマーケティングにおける、クリエイティブ領域を担当する企業です。企業理念でも示しております通り、社会科学的知見に基づいたクリエイティビティについてご提案・制作し、その後のPDCA活動もサポートして参ります。
何卒、よろしくお願いいたします!

 

簡単ではございますが、弊社サイトリニューアルに際して、ご挨拶申し上げます。

ページトップ

ページトップ